社長メッセージ

快適で価値ある機能製品を常に提案し続けます。

ロンシール工業はプラスチック加工メーカーです。創業当初はゴム製品の製造を行い、昭和22年(1947年)日本で初めて塩化ビニルの加工に成功してからは、日本の高度成長期の産業分野の変革に伴い、建築、車輌、船舶、航空機、テープ用資材など様々な市場に要求される製品へと展開してきました。

一方で、ロンシール工業が競争している事業分野は、非常に速いスピードで変化しており、新たな仕様や安定した品質を常に要望され、日々進化を遂げねば競争できない環境に置かれています。このような中で勝ち残る為には、社員一人一人が常に好奇心を持ち、製品のみならず会社自体を時代に合わせて変化させていく必要があります。そして、お客様のニーズを先取りし、常に業界をリードする技術を持ち続けることが重要です。

そのためには、男女を問わず、スピード感を持ってアイデアを実行できる人が必要です。さらには変化を感じ取れる人、アイデアを創造できる人、真面目に取り組める人、最後まで諦めない人など多くの優秀な人材も必要です。ロンシールが長年培ってきた技術と、新しい人材により生み出された新しい技術を融合し具現化していくことで、変化の激しい社会の要求に対応できると考えます。

ロンシール工業のモットーである「人の環境と安全に配慮した商品作り」を目指し、みなさんもロンシール工業の一員となって、共に社会へ貢献していきましょう。

代表取締役社長 門脇 進

代表取締役社長

代表取締役社長 門脇 進

採用担当者メッセージ

ロンシール工業の採用情報サイトをご覧下さいましてありがとうございます。

ロンシール工業は、1928年の創業以来、「社会にとって価値ある企業」を目指しており、社会に貢献するために、研究・開発、生産、販売が一体となって、人と地球にやさしいものづくりに取り組んでいます。
企業の発展と成長を目指す上で、皆さんに期待するのは、社会に溢れる情報や物の中から、自然と良いものを選びながら育ってきたセンスです。
皆さん一人ひとりが持つ無限の可能性を信じ、「人材」を「人財」として大切にしていきます。

就職活動は、皆さんにとって自分自身を振り返り、自らがこれからの進む道を決める大切な機会であります。悔いの残らないように、最後まで熱い想いと大きな夢を胸に、全力で立ち向かっていって下さい。そうした熱い想いを持った皆さんと出会えることを心より楽しみにしております。