塩ビシート防水の施工方法には、「接着工法」と「機械的固定工法」のふたつがあります。

接着工法

下地に接着剤を塗布し、防水シートを張りつける工法です。
シートが下地に全面接着されることにより、耐風圧性に優れます。

ロンシールの接着工法は接着剤(プルーフセメントA)が他社に比べ、下地への片面塗布のみで工程が省力化できます。
下地の乾燥など下地条件に注意が必要です。

  • 下地への接着剤塗布作業
    下地への接着剤塗布作業
  • 塩ビシートの張り付け作業
    塩ビシートの張り付け作業
  • 転圧作業
    転圧作業
  • 施工完了
    施工完了

機械的固定工法

固定ディスクを用いて、防水シートを屋根下地に固定する工法です。
下地の影響を受けにくく、改修工事の場合など、下地処理が最低限で済み、工期短縮をはかる事ができます。

機械的固定工法には、UD工法(先打ち)とUS工法(後打ち)の2種類があります。

    UD工法(固定ディスク先打ち)のメリット
    ディスクを先に固定し、防水シートと融着するため、完成後の意匠性に優れる。
  • 絶縁シート上へUDディスクの固定
    絶縁シート上へUDディスクの固定
  • 誘導加熱装置「UD BOX」による融着作業
    誘導加熱装置「UD BOX」による融着作業
  • 施工完了
    施工完了
    US工法(固定ディスク後打ち)のメリット
    耐風圧性能に非常に信頼がおけ、高層階や沿岸の建物に対応しています。
  • 塩ビシート上へ塩ビ鋼板ディスクの固定
    塩ビシート上へ塩ビ鋼板ディスクの固定
  • 水密性を高める為に補強用シートを溶着
    水密性を確保する為に補強用シートを溶着
  • 施工完了
    施工完了