これまでは、耐火が必要な屋根は下地が耐火構造で断熱材の厚さが50mm以下に制限されてきました。QLルーフ FPIS屋根は、断熱材50mm〜150mmの外断熱防水を含むトータルシステムで「耐火認定」と「防火(飛び火)認定」の両方を取得。高い安全性と共に高断熱による省エネルギーを実現します。

※告示1365号の例示仕様では、屋根を耐火構造とする場合は断熱材厚さが50mm以下に定められています。

  • 3社のコラボレーションで耐火・防火認定システムを実現
  • FPIS屋根の主な認定構成材
    構成材 耐火認定 FP030RF-1800 防火(飛び火)認定 DR-1648
    防水シート ベストプルーフ ナンネン 1.5mm
    断熱材 ネオマフォームF 50mm ~ 150mm(複層張り)
    野地板 硬質木毛セメント板 25mm以上
    下地 QLルーフ 75mm
    QL99−75−12Y 1.2mm
    QL99−75−16Y 1.6mm
    • ※構成材の詳細は、各認定書をご確認ください。
    • ※ネオマフォームF は複層張りとなり、また認定内容の都合、使用可能な厚みに制限がございます。詳細についてはお問い合わせください。

防水 ベストプルーフ ナンネン

  • 防火性能をより高めた防水シート

    シート構造
    中間層にガラス不織布を積層する強化構造で、引張強度や引裂強度、寸法安定性に優れています。
    自己消火性
    塩ビシートが持つ自己消火性をさらに高めたシートです。
    隣家の火災の火の粉による屋根の延焼を抑制します。
    軽量
    シート単体で、約2kg/m2と軽量。建物への重量負荷が少ないシートです。
  • ベストプルーフ ナンネン外観
    ベストプルーフ ナンネン外観

    飛び火試験の様子

    試験開始直後
    試験開始直後
    試験後の状況
    試験後の状況

断熱 ネオマフォームF旭化成建材株式会社

  • 高断熱性能と耐燃焼性能

    ネオマフォームの熱伝導率は、0.020[W/(m・K)]で、世界最高レベルの断熱性です。
    また、フェノール樹脂の特性である耐燃焼性に優れているだけでなく、耐熱性も高いため、
    高温になる屋上でも熱変形や反りが生じにくく安心です。

    断熱材同性能厚さ比較例

    断熱材同性能厚さ比較例

    ※ネオマフォームの熱伝導率(平均温度20℃)は第三者試験機関での試験により求めた熱物性値、
    他は「JIS A 9511(2006R)」によります。

  • ネオマフォームF外観
    ネオマフォームF外観

    燃焼比較実験(着火40 秒後)

    ネオマフォーム
    ネオマフォーム
    他素材の例
    他素材の例

下地 QL ルーフJFE 建材 株式会社

QLデッキと同じ断面構造(板厚1.2mm以上)

合成スラブデッキ用のデッキプレート「QLデッキ」と同じ断面のデッキプレートを使用しており、構造安定性に優れています。
また、風によるシート・固定部のフラッタリング(上下動)に対しても安定した性能を発揮します。

  • 許容積載荷重

    許容積載荷重
  • 吹き上げ荷重(風荷重)

    吹き上げ荷重(風荷重)
  • ※1 標準仕様 亜鉛めっき Z12:120g/㎡ ※2 オプション仕様 亜鉛めっき Z27:275g/㎡

※屋根30 分耐火認定条件:支持スパン2.4m 以下

特徴

耐火・防火性

合成スラブ用デッキプレートを屋根下地に用いた「QLルーフ」。防火性能をより高めた塩化ビニル樹脂系防水シート「ベストプルーフ ナンネン」。耐燃焼性に優れる「ネオマフォームF」を組み合わせ、システムとして耐火・防火(飛び火)認定を取得しました。

安心安全の耐火・防火認定取得構造です。
高断熱性

断熱材には、世界最高レベルの断熱性能を持つ高性能フェノールフォーム断熱材「ネオマフォーム」を採用。高断熱性能で省エネに貢献します。

※本計算は特定のモデル・条件により算出したものであり、実際の諸条件(空調、気候条件、その他部位の断熱性能等)により結果は異なります。

高断熱で建物の省エネルギーを実現します。
軽量性・工期短縮

軽量な屋根構造を実現。耐震性が期待できるとともに、シンプルな構造を可能にしました。また、QLルーフの上にコンクリートを打設しない乾式の外断熱工法なので、工期を短縮でき、コストパフォーマンスに優れています。

屋根構成部材の総重量が軽減されます。
QL ルーフの採用で大幅な工期短縮がはかれます。

屋根構造比較

※FPIS屋根の単位重量、熱貫流率はネオマフォームFの厚さにより変わります。

防水の信頼性

塩ビ防水シートは熱可塑性の特性を生かし、溶剤溶着、熱風融着により一体化するため水密性に優れたジョイント性能が得られます。また、塩ビシートは、塗膜防水やゴム系シート防水に見られる鳥ついばみによる穴あき事故が発生しにくいことが実証されています

水密性と耐鳥害性に優れる塩ビシートを採用