ロンシールが開発した「ロンプロテクト」技術は、あらゆるものに抗ウイルス機能を付加できる新技術。      この技術をさまざまな製品に用いることで、製品に付着したウイルスリスクの低減効果が期待できます。      たとえば、日用品などの身の回りのものをはじめ、高層ビルや住宅の床や壁に使用し、建物内の各部位を抗ウイルス化。素材そのものが抗ウイルスだから、安心を長くサポート。より衛生的で安心な空間づくりをロンシールの「ロンプロテクト」技術が叶えます。

小さなものから大きなものまで
さまざまなものに適用できる「抗ウイルス技術」

小さなものから大きなものまでさまざまなものに反映できる「抗ウイルス技術」
病院
病室に加え、手術室やICUなどのウイルスリスクの高い部屋に。
学校
校舎内はもちろん、ペンやハサミなどの文房具にも。
食品工場や薬品工場などの研究生産施設
検査室や更衣室、食堂など施設内を清潔に。
老人ホーム
免疫力の低い高齢者が集まる、大広間や食堂に。
保育園・幼稚園
教室や食事室、多くの子どもが触れるおもちゃに。
飲食店
調理場調理器具など、食品を扱う場所や物に。
スーパー・コンビニなどの小売店
カートやエスカレーターなど、不特定多数の接触が多い所に。
バス・電車などの乗り物
シートやつり革、手すりなど、不特定多数の接触が多い所に。
住宅
床や壁はもちろん、イスやテーブルなどの家具にも。
抗ウイルス技術 ロンプロテクト

ロゴマークについて

このマークは、ロンプロテクト技術を適用した製品であることを証明するものです。マークには、製品に「抗ウイルス性能をプラス」する技術であることと、この製品により日々の暮らしに「安心がプラス」される意味が込められています。

このマークは、ロンシール工業(株)の登録商標です。

生活環境には、多くのウイルスが潜み、日々増殖しています

現在、広く普及している抗菌機能はO-157やMRSAなどの細菌に対しては効果が期待されますが、ノロウイルスやインフルエンザをはじめとするウイルスへの効果は明らかとなっていません。ウイルスリスクを低減するためには、持続的な抗ウイルス効果が有効と考えられます。

近年のウイルスに関する問題
  • 季節性疾患の蔓延

    ・ノロウイルスによる食中毒問題
    ・インフルエンザの集団感染

  • SARSコロナウイルスの世界的蔓延の懸念
  • 強毒性鳥インフルエンザの人への感染問題
ウイルスの種類について
ウイルスの基本構造
エンベロープあり エンベロープなし

・インフルエンザウイルス
・ヘルペスウイルス
・風疹ウイルス
・HIVウイルス など

鳥インフルエンザ
[出典]鳥インフルエンザ:農研機構動物衛生研究所提供

・ノロウイルス
・ロタウイルス
・アデノウイルス
・ポリオウイルス など

ノロウイルス
[出典]ノロウイルス:岡山県感染症情報センターホームページ

「ロンプロテクト」技術は、抗ウイルス効果を発揮します

代表的なウイルスに対して確かな抗ウイルス効果を確認

ロンプロテクトはウイルスAに対して一般の床材と比較して1時間で99%以上の抗ウイルス効果を示し、
ウイルスBに対して一般床材と比較し、24時間で93%以上の抗ウイルス効果が確認されました。

試験結果1

ウイルス
ウイルスA(エンベロープあり)
試験機関
鳥取大学農学部付属鳥由来人獣共通
感染症疫学研究センター

試験結果2

ウイルス
ウイルスB(エンベロープなし)
試験機関
バイオメディカルサイエンス研究会

・抗ウイルス効果は全てのウイルスに対して発現するものではありません。また、全てのウイルスに同様な試験結果が得られるとは限りません。
・抗ウイルス効果は抗ウイルス性製品の表面に付着したウイルスに対して発現するものであり、感染予防を保証するものではありません。
・医薬品や医療機器などの医療を目的としたものではありません。
・試験機関による試験結果であり、実際の使用状況により異なる場合があります。

優れた耐光性・耐水性により、効果が持続

抗ウイルス性の耐久性試験

ウイルスウイルスA(エンベロープあり)試験機関 鳥取大学農学部付属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センター

ロンプロテクト表面へ耐光性試験機による光照射を行った後、ウイルス感染価を測定しました。

ロンプロテクト表面に絶えず水を接触させた後、ウイルス感染価を測定しました。

15年相当経過後も十分な効果を持続※

・抗ウイルス効果は全てのウイルスに対して発現するものではありません。また、全てのウイルスに同様な試験結果が得られるとは限りません。
・抗ウイルス効果は抗ウイルス性製品の表面に付着したウイルスに対して発現するものであり、感染予防を保証するものではありません。
・医薬品や医療機器などの医療を目的としたものではありません。
・耐光性・耐水性評価は促進試験結果によるものです。実際の使用状況で確認したものではなく、同様の結果が得られるとは限りません。

ロンプロテクト技術で施設の各部を抗ウイルス化

学校や病院など、多くの人が集まる場所の壁や床をはじめ、さまざまなものにロンプロテクト技術を用いることで、抗ウイルス化が広がります。

ロンプロテクトウォール
ロンプロテクトマーブル
ロンプロテクトインレイド柄
ロンウォールガードL
ロンプロテクト巾木
ロンエースLP

続々と広がる製品採用事例

免疫力が低い、乳幼児や患者さんが利用する施設をはじめ、さまざまな場所に採用。フィルム素材を通じ、多様な製品への展開も始まっています。

第2善児園 乳児室
獨協医科大学 病室