この製品情報は2016年10月27日からの情報となります

この製品情報は2016年10月27日からの情報となります

  • 視覚障害者用ビニル床タイル

サインタイル

視覚障害者を誘導し、注意を喚起。歩行安全性、滑りにくさなどを追求したビニル床タイルです。(JIS T 9251適合形状)

pdt_flr_main_st 施工写真 20STA-111

TC16.TIFF

カラーバリエーションクリックすると別ウィンドウで開きます。

特 長

  • 滑りにくく、車椅子での通過にもやさしい形状
  • 弱視の方にも識別しやすい黄色を選定
  • 白内障の方に配慮したギラ付きを抑えたマット調仕上げ
  • キズや汚れがつきにくい、耐摩耗性構造
  • 周囲の床材と同一レベルで仕上げることも、重ね張りすることも可能

工法

周囲の床材と同一レベルで仕上げる工法を基本とします。

※チョークリールを使用する場合は白色をお使いください。
※タイル同士およびタイルと周囲のビニル系床材との目地は密着させず、すかし気味(0.5㎜程度)に施工してください。
※接着の際は必ず指定の接着剤を使用し、ローラーやゴムハンマーなどで十分に圧着してください。特にタイルの周囲は入念に圧着してください。
※タイルのめくれ・剥がれを防止するため、タイルの周囲は必ずスーパーシームシーラーペースト(チューブ)で液溶着してください。タイルはビニルの配合率が高い素材でできているため温度により寸法が変化しますので、接着剤が硬化してから液溶着を行なってください。

敷設方法

サインタイルの敷設にあたっては、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律=バリアフリー新法」の 具体的設計標準書である「高齢者、障害者の円滑な移動等に配慮した建築設計標準(編集:国土交通省)」等に従ってください。 また、条例により定められている場合や設計図書に指示がある場合は、それに従って割り付けを行なってください。

主な用途

【建物】
医療福祉施設、公共施設、その他
【部位】
医療施設・福祉センター・児童厚生施設・市町村役場・金融機関・劇場・ホテル・銀行等特定建築物などの誘導・注意喚起用(ロビー・廊下・スロープ・階段など)

注意喚起用規格

一般名称 単層ビニル床タイル TT(JIS A 5705)
寸法 (凹部2.0mm)7.0mm(凸部厚さ)×300mm×300mm
(凹部3.0mm)8.0mm(凸部厚さ)×300mm×300mm
色数 (凹部2.0mm)注意喚起用(20STA-111)1
(凹部3.0mm)注意喚起用(30STA-131)1
梱包 10枚(0.9㎡)/ケース
重量 (凹部2.0mm)3.6kg/㎡、4.1kg/ケース
(凹部3.0mm)5.0kg/㎡、5.4kg/ケース

誘導用規格

一般名称 視覚障害者用単層ビニル床タイル TT(JIS A 5705)
寸法 (凹部2.0mm)7.0mm(凸部厚さ)×300mm×300mm
(凹部3.0mm)8.0mm(凸部厚さ)×300mm×300mm
色数 (凹部2.0mm)誘導用(20STL-121)1
(凹部3.0mm)誘導用(30STL-141)1
梱包 10枚(0.9㎡)/ケース
重量 (凹部2.0mm)4.7kg/㎡、5.1kg/ケース
(凹部3.0mm)6.0kg/㎡、6.3kg/ケース

標準材料価格

2.0mm厚さ
1,750 円/枚 17,500 円/ケース
3.0mm厚さ
2,400 円/枚 24,000 円/ケース

※表示価格には消費税は含まれておりません。

注意とお願い

●高純度の塩化ビニル樹脂を使用しているため、タバコの踏み消し跡が付きやすい性質があります。ご注意ください。
●屋外には使用できません。